FC2ブログ

XVideo

痴女・人妻・熟女をメインにAV女優や盗撮まで、エロ~イ情報がい~っぱい(≧▽≦)





 
アダルトブログランキング 

動画1 動画2 動画3 動画4 動画5 

 絶大な人気を誇る超スーパー人気アイドル。その辺のTVタ
レントや歌手よりも圧倒的に可愛いキュートなルックスでな
んとAV女優っていうのは、あまりにも贅沢っ!

小ぶりのおっぱいが可愛らしいですね。

37分頃から始まるフェラがなかなか良かったです。
一生懸命くわえ込んでるところに好感が持てました。




喪失の館~近親相姦家族への路~



夫は娘と、そして私は息子と・・・
(昭和のアダルトビデオですが、画質は良好ですよ!)




巨乳ナースと診察室でファッキング~!





ダブルナースとファッキング~1!





ダブルナースとファッキング~2!





産婦人科は・・・




救命ファッキング!




>>[鈴夏ゆらん トラトラゴールド!]の続きを読む

tag : 熟女動画 人妻






 
エログ-(エログランキング) 
一休さんの熟女投稿画像 

動画1 動画2 動画3 動画4 動画5 

  きららかおりと言えば当時ではありえなかったガチンコ
本番!そして生ファック!をして有名なんですが、本作は、
無修正用に作ったの?ってぐらいアソコのアップが多いの
に驚きました。
 しかもそのマンコが・・・こんな可愛い顔した少女なの
に・・マンコは・・・。
 これはほんとに、そこら辺の芸能人、アイドルの無修正
流出よりも興奮しますね。TVに出てくるアイドルなんかよ
り全然アイドルです!



小室友里-ルームサービス!




連続強制イカセ!!





結婚した息子と一線を越えて・・・!




 こちらは近親相姦物ですが、こちらのジャンル
はお好きですか?



好きと言われて喜ぶ叔母!



 近親相姦物では、若くて綺麗な叔母さんという
のも大切なジャンルの一つですねぇ。



ほろ酔いお洒落な美女に中出し☆★ 01




ほろ酔いお洒落な美女に中出し☆★ 02




☆入江 愛美に中出し☆




おま●こ、くぱぁ~!!





昔からよく知ってる近所の女の子が両親がいないのをチャンスと積極的に迫ってきた!
「凛がお掃除してあげるね!」と言われたら断れるわけがない!
熱心に掃除をしてくれる上にホコリがつくのが嫌だから裸エプロンという彼女の後姿が気になって仕方がない。
家具と壁の間を綺麗にして欲しいとリクエストしたら、前かがみになってオ●ンコが丸見えだ!
ホントは私の身体気になってるんでしょ?ちょっとだったら、見せてあげてもいいよと言って、エプロンをまくりあげてパイパンをチラリ!
お掃除後に遊ぼ!と言って可愛くおねだりしてくる凛ちゃん!かわいいぞ〜!ロリファンにはたまらない碧木凛ちゃんの「あまえんぼう」シリーズをお楽しみください!



娘の彼氏をスッケベ~な母親が寝取り!!





常に、おま●こ!!





人妻中出し哀願 其ノ八 るい!







>>[伝説のAV女優 : きららかおり!]の続きを読む

tag : 熟女動画 爆乳 アイドルイメージビデオ




 アダルトブログランキング 

動画1 動画2 動画3 動画4 動画5 

  欲求不満が昂じてこうした動画に出演する人妻さんが最近、
増えて来ているみたいです。少々大きめのおっぱいの持ち主
で、最初のインタビューで二枚目の男優さんに足の匂いを嗅
がれて、ホントはあそこも少々湿って来ているみたいですねぇ。
 脂の乗り切った44歳の熟女さんですが、エッチの感度は
イマイチ良くない気がします。それと言うのも、この男優さ
んのチンコは少し曲がっていて、「太くて、長くデカイ」チ
ンポじゃないんです。どちらかと言うと、テクニシャンなん
ですねぇ。だから、この男優さんのお相手は必ず逝かせて貰
えるんですよ。
 やっぱりエロ動画は、女性が逝かされた時のイキ顔がナマ
ナマしくて、身体もピックンピックンしてくれると男の征服
欲も満たされて、満足して抜けますねぇ。管理人は、この
パターンでいつも抜いています。笑 




熟女は生チンポがお好き!

 アダルトブログランキング 

動画1 動画2 動画3 動画4 動画5 

   さてさて、こちらは不倫相手と久しぶりの再会に、生チン
ポが欲しくて堪らない奥さまの登場です。
 男優さんとカメラマン役の二人の男性に、コンビニでエロ
本やコンドームを買いにやらされて恥ずかしがっているけど、
そこは人妻だけに堂々としていますねぇ。
 羞恥心を煽られて、もうアソコが疼いて仕方がないんでし
ょうね。、生チンポが欲しいと何でもやってくれるんでしょ
うか?それでは奥さん、生チンポの味をしっかり味わって下
さいね~! 




裏びでお?





新任美人教師のお悩み!





先生がトコトン教えてあげますよ~!





出会い系で知り合ったナースのおっぱいの感度が最高


出会い系で知り合った女性に会った。
ナイスバディーで顔も幼い感じで、ちょっと厚めの唇と大き
めの胸がと~ってもエロイのが特徴的でした。

職業を聞いたらなんと、ナース!!
会って直ぐに由美ちゃんと仲良くなっていった。





 由美ちゃんの職場での話しを聞くと・・・

「たまに子供の患者さんが夜中に寝付けないときなんか、添
い寝してあげるんだけど、この間、胸を触られちゃったのよ
~。それがもろに乳首をギュッとつままれちゃったもんだか
ら、『こら、やめなさい!』って怒ったんだけど、実は結構
感じちゃった~」

といった話を聞いたときは、制服着た時の下の豊満なオッパ
イを妄想しながらモッキしてしまいました。

 心の中で(普通の会話で女の子が「乳首」なんて言う
か?)と思いながら・・・
話を聞きながら俺はさり気に腰に手を持っていき、さすさす。

すると、

「二人きりになれる所にいきませんか?二人きりになれれば
何処でも。」

きたーーーーーー!!

 ここでスペック身長163 体重不明 B 92のFカップ、W
63、H87(何れも推測。カップのみ本人確認。)
俺は逸る気持ちを抑えつつホテルに急ぐ。

 ホテルに着き、部屋に入ってからもがっつきたい気持ちを
抑えまずは由美ちゃんの体を抱きついて確かめる。

  彼女の服装、刺激がちょっと強すぎる。なんせ、白のタン
クトップにジーンズというシンプルな服装なんだが、由美ち
ゃんの巨乳が刺激的過ぎた。

  その時は大きさを確認していなかったので、まさかFカッ
プとは思わなかったが、感触、脇や襟ぐりから覗くその景観
は、まさに未知との遭遇。

  俺が体を触るか触れないかの微妙なタッチでじらしていた
ので、彼女ももう我慢できない様子になっていた。

 それを確認した俺はベッドに由美ちゃんをゆっくりと仰向
けに寝かせた。その胸の大きさは逆に強調され、 俺の股間
を熱くするのでした。

「由美ちゃ~ん、服を脱がしますね~」と自分が声をかける。

 仰向けの彼女を万歳させ、タンクトップをゆーっくり脱が
せた。





「すご~い・・・!!!」

 レース付きの白のビッグなブラジャーが、ドーンと目に飛
び込んできた。

 ジーパンに手をかけ脱がし始め、フロントのボタンをひと
つひとつ外した。
すると、ピンク地に白の水玉柄、前に小さなリボンがついた
パンツが・・・

 もう俺の理性はこの時既にどこかへ消え去ってしまい、迷
いは微塵もなくなっていた。

 彼女の背中に手を滑り込ませ、ブラジャーのホックをパチ
ンと外し、ブラジャーをそっと 彼女の体から剥ぎ取った。

そこには、鏡餅のようにまん丸と盛り上がったオッパイに、
やや赤茶色の乳首が!

 乳輪の大きさは500円玉より一回り小さいぐらいで、乳
首は 小さめの大豆サイズ。

「あんまり見ないで…。」

と恥ずかしそうに言う由美ちゃんに俺は撃沈。
俺はそーっと由美ちゃんの乳房に手を伸ばし触れてみた。

(すごいボリューム感!感動した!)

ゆっくりと両手で両胸を揉みしだく。

とても柔らかい!

 乳首を指で愛撫すると、徐々に乳首が大きく、そして固く
なっていった。




「ん、ん~・・・」とやや反応しているようにも見える。
次に俺はパンツに手を伸ばし、バンツの上からクリであろう
部分を指先でソフトにソフトにタッチした。

「ん・・・・・」

由美ちゃんの反応が可愛い。

ピンクのパンツをそーっと足首まで引き下げた。
こんもりとした丘に、なんとも淡い、あるか無きかの茂み
が・・・。(パイパンか~?っと一瞬、思ったくらいでした。)

 ちょっと甘酸っぱい臭いがするが、股を開脚させ、しげし
げとその割れ目を凝視した。

 赤貝は閉じているが、まわりの茂みが悩ましい。指を割れ
目の筋に沿ってツーっと触れると、汗なのか愛液なのかわか
らないが、かなり湿っている。





 俺は由美ちゃんの両足を取りM字開脚させ、割れ目の中に
指を差し入れ、 貝をパックリ左右に開いた。

 すると、申し訳なさそうに閉じているピンクの膣口に、半
分包皮に包まれた小振りのクリが・・・。

 俺はクリに指を伸ばし包皮からむき出して、指先でつまん
だり、転がしたりして愛撫した。
すると

「はぁん・・んんん・・・」

と若干、由美ちゃんが体をよじらせる。

 今度は舌で由美ちゃんのクリを愛撫し、膣口に指を伸ばし
て、その中にそっと指を 差し入れた。

 少し汗の甘酸っぱい味がしたが、俺は舌先に力を入れ、ツ
ンツン、レロレロと クリを刺激した。

 膣口に差し入れた指も優しく中の壁を這わせ、ゆっくりと
愛撫した。

「・・あっ・・ん」

徐々に由美ちゃんの反応が大きくなってきた。

 俺はその反応が 大きくなっていくのと同じ様に、徐々に
舌先、指先での刺激を強めていった。

「んっ・・あっ・・あ~ん・・・」

 喘ぎ声の抑揚が強くなってきたので、俺は仰向けに なっ
た由美ちゃんの横に上半身をすり寄せ、左手と口で両胸を愛
撫しながら、右手の指で 膣口の中を強めに刺激しながら、
上目遣いで由美ちゃんの反応を確かめた。





 由美ちゃんの割れ目は汗以外の液で徐々に湿ってきており、
ヌルヌルと俺の指をねっとり包み込む。

「あん、あっああ~」

 次第に吐息のようだった喘ぎがはっきりとした声になり、
薄っすらと 由美ちゃんの頬がピンクになった。

 その瞬間、俺は愛撫をやめ、由美ちゃんの顔の前に自分の
顔を寄せた。

「木村君(俺の名前)・・・木村君・・・」

ちょっと目を潤ませながら由美ちゃんが言った。
俺はおもむろに由美ちゃんのチョット肉厚な 唇にキスをし
て、舌を差し入れた。

 すると由美ちゃんの舌がねっとりと、俺の舌にからみつい
てきた。

「もうこれでGOサインが出たな・・・」

 そう勝手に解釈した俺は、由美ちゃんの唇を貪りながら、
由美ちゃんに服を脱がせてと頼む。
由美ちゃんは起き上がり俺の服を剥いでいく。

「次は、ジーパンを脱がしますね~」

上目遣いの由美ちゃんに俺は爆発寸前。
再び由美ちゃんをベットに倒し、股を左右に広げて、ギンギ
ンにそそり立ったペニスを その先にある割れ目へと導いた。

 ペニスの先をクリや小陰唇に当てながら、ゆっくりとじらして
いると、

 「木村君・・・欲しい・・入れて・・」

と由美ちゃんが喘ぎながら、おねだりして来た。
俺は由美ちゃんの足を大きく開かせ、ペニスを膣口 にあて
ると、自分の腹が由美ちゃんの茂みにつく位、ゆっくりと深
く挿入した。

「はっ・・あうっ・・んあっ」

由美ちゃんが思わず体をひねりながら背中を反らした。
なんとも言い難い暖かな肉感が俺のペニスを包み込んだ。





根元から先まで「ギュー」と締め付ける感じ。
俺がゆっくり前後に動かすと、

「あっ・・は~ん」

と由美ちゃんは喘ぎ声を漏らした。

 グラインドさせながら、浅くそして強く突くと、その悩ま
しい声は次第に高まっていく。

 結合したまま、由美ちゃんの上体をこちらに起こし、対面
座位へと導いた。(挿入が深まる!)

俺は後ろに手を付きながら激しく腰を前後に振った。
眼下には俺の固くなった ペニスが由美ちゃんの赤貝の中を
ズンズンと出入りするのが鮮明に映る。

「由美ちゃん、ほら、すごい勢いで入ってるよ」
というと、

「あっ、はっ・・あ~ん」

と声にならない 喘ぎ声を出しながら、覆いかかるように髪
を振り乱しながら俺の首に両手を回し、キスをせがんできた。

 俺は、腰を更に上下に振りながら由美ちゃんの差し入れて
きた舌に自分の舌を絡ませ、 両手で両胸を愛撫した。

由美ちゃんの唇から口を離し、乳首を舌で愛撫。
目の前でブルンブルンと暴れるように揺れているオッパイに
興奮が高まる。





一旦正上位に戻り激しくピストン。

 巨乳の醍醐味である“ユサユサオッパイ”を堪能した後、
結合したまま由美ちゃんの片足を引き上げ、突きながらそ
の片足を俺の前を通して逆側へ 移動させ、バックの体勢へ。

かなり肉付きの良いお尻を両手でつかみながら、

「パンパン」

と 深く突くと、

「あっあ~はん・・イクッ・・イッちゃう・・」

と由美ちゃんは絶頂に近づいていった。
バックの体勢のまま、腰を持ち、更に激しく小刻みに突いて
いると、

「あっ・・あっ・・あ~!イクー!!あっ・・・」

と絶頂に達したようだ。

 膣の中がヒクヒクと、襞全体が小刻みに伸縮しているのが
良く解る。その締め付けを利用して、そこにカリ があたる
深さで更に小刻みに、抜き差しするのが俺の得意技なの
で、由美ちゃんが2度目にイクのを確認してから、キツイ締め
付けと快感に耐えていたので、さ~すがに気持ち良過ぎて、
由美ちゃんを3度目の天国へ送るのは諦めて俺も絶頂へ・・・。






 直前にペニスを引き抜き、由美ちゃんの背中にドクドクと
大量に精液を放出した。

 暫くの間、二人で重なるように伏して荒い息をしていたが、
ふと由美ちゃんが

 「木村君・・・」

俺が「何?」と聞くと、

「言いにくいんだけど・・・ちょっと・・・お漏らしちゃっ
たみたい・・・」

「はぁ?」と聞き返すと、

「おし○こ漏らしちゃったみたい・・・」

 慌ててうつ伏せの彼女の下を確認すると、かなりビチョビ
チョに・・・

 すぐさま俺は素っ裸のまま、彼女の背中に放出された液を
拭い去ると、シーツを剥がしたり、 タオルでマットの水分
を吸い取ったりと大慌てで処理しているのに、由美ちゃんは
ベッドの上で ペタンと女の子座りをしながら乱れた髪のま
ま頭を掻き、「へへへ」とはにかんだ表情 で笑って
る・・・。






 ただ、その姿に妙に萌えてしまい、その後、彼女にスポー
ツドリンクを飲ませたり、体の汗を拭いてあげたりしている
うちに、また、股間がビンビンになってしまった。

 すると、「カプッ」といきなり ペニスを咥えられ、膝立
ちの体勢で彼女の絶妙なテクのフェラーリが始まった。

 ジュポジュポと深くまで咥えたと思ったら、肉厚の唇を硬
くしてカリ首を刺激。そうしながらも、 舌で亀頭を強めに
愛撫・・・。




 こんなテクに遭遇した事の無かった俺は、腰に力が入らな
くなり、不覚にも尻餅をついてしまった。

 それでも、その動きに由美ちゃんはついて来て、口から
ペニスを離さない。仰向けになった俺の上にまたがり、更に
高等テクを使って攻め続けた。





 俺はあまりの気持ちよさに、腰を引きたい気持ちに駆られ
たが、体は何故か腰を由美ちゃん の方に突き上げる体勢に
なってしまい、背中とお尻でブリッジするような体勢になっ
て、とうとう由美ちゃんの 口の中に放出してしまいまし
た・・・。

その後、シャワーを浴びて1発。

 もう一度、シャワーを浴びた際に口と手で1発。
 朝起きて1発と、一晩かけて合計5発も発射してしまいま
した。

あの頃俺は若かった・・・。

 朝、日勤だった由美ちゃんはダッシュで着替えると、その
まま病院へ出勤して行きました。









管理人からのお知らせ!

 ご存知の方も多いかと思いますが、アダルト系出会い系
サイトの『PCMAX』は、

・1分に3人が登録する出会いアプリ
・3分に1組がマッチングするサイト
・会員1000万人が利用する出会い系サイト
・運営実績が15年以上ある出会いサービス
・サービス開始~15周年記念~

≪365日体制での有人による運営・サポート≫
≪業者などを徹底排除・もちろんサクラは一切無し≫
≪好きな時に好きな分だけ使えるポイント制≫

と言うことで、完全無料を謳い文句にしているサイトではあ
りません。

さて、このたび耳寄りな情報を入手しました。それは、
『PCMAX』の掲示板機能

で、女性が検索する『ワード』を知りたくないですか?
それは、女性が求める男性像なのですが

自分の「特徴」や「条件」を飲んでくれる男性を探す傾向が
強いことなんですね。

≪掲示板で女性が検索していること≫

⇒マッサージ
⇒ポッチャリ
⇒今日
⇒ポチャ
⇒オモチャ
⇒会いたい
⇒激ポチャ
⇒童貞
⇒今夜
⇒明日
⇒デブ専

つまり、爆乳女性と知り合うには、女性が自分の体型や
コンプレックスと合う「激ポチャの女性でもOKだよ。」

など、女性の体型やコンプレックスなどのキーワードを

盛り込むことで、女性のアクセスを増やすことができるかも
しれません。

 それから最近は、「パパ活」「援○交際」「風俗店広告」
と見なされる女性も即刻、削除されているようです。男性側
としては、嬉しい行為ですね。



>>[44歳のスケベ熟女さ~ん!]の続きを読む

tag : お宝 爆乳




 
アダルトブログランキング 

動画1 動画2 動画3 動画4 動画5 


 最近は、xvideosへのエロ動画の投稿が豊作の日と、不作の
日が交互にあるようで、毎日、エロい動画は見る事が難しくな
りました。それに、著作権も絡むから、長時間の動画作品の
アップは直ぐに削除対象になるようです。



セーラー服無惨!~西村由美~




ハメ撮り!アイス食べた~い!




性感帯は開発中で~す!




美味しそうに咥えてますねぇ?




チクビ大きい?





ニュース・ファックライン!





嫁の母 最高!





ああ、いやらしい!





寝取り、寝取られ!







マッサージ店での愛憎劇!








伝説のAV女優とは!!





>>[何も言わないで私を貫いて!]の続きを読む

tag : 昭和のAV






 
エログ-(エログランキング) 
一休さんの熟女投稿画像 

動画1 動画2 動画3 動画4 動画5 

  最初の方はまあ悪徳産婦人科医とは思えないような、いか
にも治療行為の様子ですが、カーテンで仕切られて若い女性
患者からは見えなくなると、とたんに本性を剥き出しにしてきち
ゃいます。
 まずは女性患者のマンコを電マなんかで刺激してエクスタシ
ーに達したところで、更なるオルガズムを与えて、最後はチンコ
で中出し治療までやっちゃうんですから、この手の動画が好き
な方には見逃せない動画です。




患者さん騙してエッチww





つるまんレズビアン?





アロマエステでエッチないたずらww









オモチャで2穴絶頂!









インディーズ女学院!



 後輩にヤリ逃げされた女子校生・・・





鈴木京香に似た母 (近親相姦の体験談)

去年の7月のことです。暇にまかせてインターネットの懸賞サ
イトに適当に応募していた懸賞が当たりました。

先に郵便を受け取った母が、「プレゼント係って書いてある
けど、何か当たったみたいよ」と言って持ってきました。

中を開けてみると、高級リゾートホテルのペア宿泊ご招待券でした。

父は、マレーシアの現地法人に出向中だったので、ヒマをも
てあましていた母は「お父さんのBMWで行こうよ」とはしゃい
で、飛び上がるほどの大喜びでした。






なんだか母と二人でリゾートなんて盛り上がらないな、と思
いながらも、まあ母がその他の費用は全部出してくれること
だし、と思って行くことにしました。

僕は25歳のフリーターで、母は49歳。

顔立ちは、鈴木京香にそっくりですが、母はどちらかという
ともう少し痩せ型のタイプです。

しかしホテルのプールで初めて母の水着姿を見たのですが、
胸も大きくてかなりいけていることを初めて知りました。

水着から伸びるむき出しの白い脚、その太ももの付け根にあ
るモッコリとした肉土手、水着からはみ出しているやわらか

そうな乳房の谷間、ハッキリと見てとれる乳首の形などをチ
ラチラと見ていると、妙に母に女を感じてしまいました。





後でプールを出て人気の少ない浜辺で母と遊びながら、じゃ
れているときなんか、ちょっとドキドキしていました。

夜のディナーの後、対岸の街の灯りといさり火がとてもきれ
いだったので母と二人、ソファーにならんで座って、夜景を
見ながら、ワインを楽しみました。

「こうしていると、なんだか不倫旅行みたいだね」と私が冗
談で言うと母も、少し酔っていて「そうね…」と笑って言いました。

楽しく飲みながらも、母の白いバスローブの胸元で息づいて
いる谷間につい、目が行ってしまい、私はだんだんと興奮し
てきました。

新しくワインを注ぐ度にグラスを高らかに上げて乾杯し、母
肩に手を回して談笑しているうちに母もかなり酔ってきた
のか、心持ち私にもたれかかってきました。





私が昼間に見た母の水着スタイルをほめると、母はとても嬉
しそうに「あ・り・が・と…」と言って僕のおでこに
「チュッ」と軽くキスをしてくれました。

僕も調子にのって冗談っぽく「永遠の恋人…」と言って、母
の頬に軽くキスをしたりしました。

母も最初は笑っていたのですが、そのうちなんとなく会話が
途切れてしまい、気がついたら私は母の唇に「チュッ」と
キスをしていました。
母は拒否することもなくじっとしていました。

「母さん…」

私が小さな声で言うと、母は私の気持ちを探るようなまなざ
しを向けたあと、そっと目を閉じました。

私はそれを見て再び母の唇に吸い付きました。
母もそれに応えて唇を吸いあい、舌を絡めて、激しい接吻を
返してくれました。





私はキスをしながら母のバスローブの中にそっと手を入れて
じかに乳房をもんでしまいました。それでも母はこばみませ
んでした。

私の指が乳首をなぞったとき母が「ああ」っと溜め息をつき
ました。それは母が女の声を発した瞬間でした。

私はもうたまらなくなりましたが、その時になって母が
「だめよ… もうやめて…」と私の手を払いのけようとしました。
しかし理性を失っていた私は、母をソファーに押し倒しバス

ローブを捲り上げて乱暴に乳首を吸いました。

母は呼吸を荒げながらも
「おねがい… ヒロシ… やめて…」
と声を上げました。

私は「母さん…したいんだ」
といいながら母の下着を剥ぎ取りました。

そしてすばやく自分も裸になり、母の上にのしかかり、母に
挿入しようとしました。

そのときはただただ挿入したいという気持ちでいっぱいだっ
たのです。





「お願いっ! 本当に… そこはやめて! 
だめよ… そこは親子では本当にいけないの!」

と母は必死で私の肩を押し返しながら、泣きそうな声で言いました。

私は興奮した声で「じゃあ… ここだったら親子でも関係な
いよね…」と言い放つと、母のアヌスに指をあてがって母の
表情を伺って見ました。

母は髪を乱して荒い呼吸をしながら、私を黙って見つめていました。

私は肩をつかんで押し返そうとしている母の手を片手で払い
のけると、中指をそっと母のアヌスの中に沈め込みました。





母は不思議な感触に浸っているのか、黙って目を閉じてじっ
としていました。

私は静かに母の直腸の内側から膣壁に圧迫をくわえるように
グリグリと刺激をくわえました。

母は肛門を触らせるだけなら近親相姦にはならないと思って
いるのか、アヌスの不思議な快感を得たいと思っているのか、
私のなすがままになっていました。

私は母の表情を注意深く見ながら、徐々に指を母の直腸の奥
深くへと挿入しました。

母の膣口からは、かなりの愛液が伝って肛門に流れ込んでき
て、指の出し入れもスムーズになってきたので、私は指を2
本にして挿入してみました。

2本の指を動かしていると、指の間から母のピンク色の綺麗な
直腸壁が見えてきてとても興奮しました。

私はその美しい穴に引き込まれるように、勃起したペ○スを
肛門に近付けていきました。
もう、母は逃げもしませんでした。





それどころか、母は首を起こして、別人のように興奮しきっ
た顔で、私の勃起したペ○スが母の肛門に挿入されようとし
ているありさま見つめていました。

私は「母さん… 入れるよ…」と一言いうと、正常位で、母
の肛門にペ○スを押し当ててゆっくりと挿入を始めました。

亀頭の部分だけが中に入った瞬間、母は「あっ」と声をあげました。

母の肛門の入り口はきつくて抵抗がありましたが、肛門の中
は広くて暖かくて柔らかくてペ○スを包み込むように感じました。

母は目を閉じて、すぐに荒い呼吸をしはじめました。

私がゆっくりとペ○スを根元まで挿入し終わって

「母さん… 全部、中に入ったよ…」

と言うと、母は

「中に… 出しても… いいわよ…」

と上ずった声で催促するように言いました。

私は母の肛門にペ○スを挿入したまま、片手を伸ばして、母
の膣穴に指を突っ込みました。

母は肛門に私のペ○スを挿入されたまま、前の膣穴には指を
入れられて、快感を感じたのかシーツや枕を掴んで悶え始めました。





クリトリスをつまむように刺激すると母は体をくねらせて、
ますますのたうち回りました。

いつの間にか、母は自分で腰を動かして、声を殺して感じて
いるようでした。

私は母の肛門に挿入したペ○スを2、30回もピストンをす
ると、もう頂点に到達してしまって、あっという間に大量の
精液を母の直腸内に放出してしまいました。

母にもその瞬間の感触が伝わったのか、「あぁ…」と言うと、
ギュッと肛門を締めつけてきました。

全部出し切って、しばらくしてペ○スを母の肛門から抜くと、
肛門から白い精液がダラリと流れ出てきました。

母はまだ物足りないのか、目を閉じたまま私の頭や背中をず
っと撫でていました。

私は、もう一度、母の膣に指を挿入して
優しく慰めてやりました。





今度は落ち着いて、親指でクリトリスを刺激しながら、他の
指は膣の中をゆっくりと愛撫しました。

母の膣穴はびしょびしょに濡れていて、グチョグチョという
音がしました。

そして乳房を揉んだり、時折乳首を吸ったりしていると、母
の体がくねりだして、母はとうとうヨガリ声を漏らしながら、
私の精液を肛門からジュルジュルと音を立てて排泄し始めました。

そして夢中で「ヒロシ…、ヒロシ…、」と私にしがみついてきました。

私も「母さん…」と小声で返事をしました。





母はうつろな目つきで上体を起こすと、私を仰向けになるよ
うに促すと、片脚を開いて私にかぶさってきました。

そして火照った肉土手を私のペ○スにあてがうと、挿入する
のではなくて、クリトリスを擦るように体を動かし始めました。

私の目の前では、白く豊かな乳房が妖しく揺れ動いていました。

時折私の表情を確かめるように見る母の瞳の輝きがドキリと
させるほど異様に思えました。

私も腰を動かすと、母もクリトリスをもっと擦りつけるよう
に腰を動かしてきて、徐々にお互いの唇を重ね、舌を絡ませ
ました。

私は、もう、母の膣穴に挿入したくて、ガマンできなくなっ
てきて、母の体を持ち上げるようにして浮かせると、

黙って勃起したペ○スを母の膣穴に突き刺して母の体を
引き下ろしました。

母の膣穴を一気に貫いた瞬間、母は「あッ…あぁ…」と観念
したように言いました。

母はついに禁断の膣穴に息子のペ○スを迎え入れてしまって、
少し恐怖を感じたのでしょうか、両手を私の肩にかけてギュ

ッと抱きしめてきました。





しばらくそのままでいると、母は繋がったまま、まるでダン
スをするように腰をゆっくりとグラインドしてきました。

私がピストンをしようとして腰を動かすと、母は「じっとし
てて… 」と制止してきました。

私は母の動きに身を任せ、受け身でいると、母の腰の動きは
絶妙で、母自身も快感を深く感じながら、体内にある私のペ
○スを膣で締め上げながら腰を使ってグラインドしてきました。





私は、その母の動きの絶妙な快感に5分もたたないうちにい
きそうになり、母の膣穴に中出ししようと、母に脚を絡ませ
ると、ガッチリと抱き寄せて思いっきり膣穴に射精をしました。

その瞬間、母は「あッ…あぁ…」と言いましたが、あきらめ
てしまったのか、母も私の精液をしっかりと受け止めるよう
に、私を抱きしめてきました。

終わったあとの母のおだやかな表情から私の求めをすべて許
して受け入れてくれたことがわかりました。

その晩はさらにもう1回交じりあい、次の日も、夜遅く、自
宅に戻ってから、また激しくお互いの身体を求め合いました。

 それからの日々は、もうずっと…、お互いの身体なしでは
すごせなくなってしまいました。








>>[産婦人科医の生チンポ治療?]の続きを読む

tag : 爆乳 近親相姦 昭和のAV

 | Copyright © 熟女の館 All rights reserved. |  Next

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ