FC2ブログ

伊予ちゃん似の芸能人とファンのエッチ体験!

痴女・人妻・熟女をメインにAV女優や盗撮まで、エロ~イ情報がい~っぱい(≧▽≦)




 
アダルトブログランキング 

動画1 動画2 動画3 動画4 動画5 

  なんか昭和のエロビデオには、あの頃売れっ子歌手だった
女の子似の女性や、かなり似ているメイクなんかで、ファン
の人には『エエェ~!!』と思わせる様なのが、結構ありま
したよねぇ。
 これもそんな作品の一つで、当時のファンだったら絶対に
抜き抜きの連発ですよねぇ!!




壇蜜みたいな・・・



 こちらは「壇蜜」さん、そのものじゃないでしょうかねぇ!


不思議な場所で・・・




処女の泉は蜜の味!




桃色吐息・・・アナルは処女の味!





闖入者・・・!




シンドバット夫人!



夫の部下と自宅で交わる妻の本心


 ひとり暮らしで栄養が偏りがちな部下に、少しでも良いも
のを食べさせたいと、上司である夫は自宅に部下を定期的に
招いていた。元栄養士である妻は彼らのために夕食を作り、
腹いっぱい食べさせ、男たちは食後に2人で晩酌をする。

 部下が上司の自宅に数回招かれたある日、いつものように
男2人でビールを飲んでいると、上司は酔い潰れてうたた寝
をしてしまった。妻が寝室へ夫を運び、リビングには部下と
妻の2人きりになってしまう。そして後日、ふたたび2人きり
になった時、部下と妻はリビングで肌を重ねてしまうのだ。


 物語は3人それぞれの視点で語られる。

 犯したわけではない、自分は誘われたのだ、という部下は、
夫を寝室へ運んだ後の妻の様子をなまめかしく語る。部下を
見つめる時のいやらしい瞳や、ソファに並んで座る時に密着
する膝、部下の股間に置いた手――今まで交際してきたどの
女とも違う、男を狩る肉食動物のような妻の手中にはまり、
部下は妻を抱いてしまった、と告白する。

 しかし、妻の言い分は部下のものとは真逆であった。いや
らしい目をしてきたのは部下の方である、私は無理矢理、彼
に犯されたのだと、彼らの現場を目撃した夫に言う。確かに
自分たち夫婦はセックスの回数が少なく、それすらも満足で
きるものではなかった。だから夫とセックスをする時には、
ほかの男性を思い浮かべたり、夫がいない間にこっそりと自
慰に耽ることもあった。しかし部下を誘ったつもりはない、
勝手に自分に欲情して押し倒したのは彼の方だ、と。

 そして、2人の一部始終を覗き見していた夫が感じていた
こととは――。

 三者三様の言い分があり、それぞれが微妙に食い違い、真
実がぼやけてしまう。しかし、その曖昧さこそが真実であり、
「セックス」という結果を生み出すのである。

 人はセックスをする時に明確な理由を持つものだろう。好
きだから、愛しているから、奪いたいから、体が疼くから、
誰でもいいから――その理由は決して双方が一致するとは限
らない。激しく乱れ合う2人であっても、その理由はひとつ
ではない。

 裸で交わるという原始的でいやらしい行為も、心はすれ違
っているかもしれない。そんなセックスの面白さをこの作品
は表現している。
関連記事

tag : 熟女動画 人妻 昭和のAV

この記事へのコメント:
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 熟女の館 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ